抗ガン剤の副作用を爪にださないためにできること

ごきげんいかがですか?
すっかり春のような、まだまだ冬のような…..

そんな時を繰り返しながら、
桜が満開になっていくのですね。
でも私はもう、すっかり春な毎日を感じております。

我が家のガーデンからは、枯れてしまったかもと
思っていたハーブから新芽が出て来たり
例年より早くセンティッドペラルゴニウムの花が
綺麗に咲いてたり蕾を見つけたり
嬉しいNEWSがいっぱいです。

2017春ネイル Nail

さて今回はちょっと、いやかなり深刻な話です。

自分のことでない限りは
ほとんど知らないお話です。

今の時代、たくさんの人がガンになります。
きっと身近な人がガンになってしまった人もいるでしょう。
そして治療が過酷なことも
なんとなく知っていることでしょう。
色々な治療法がある中で
抗ガン剤は、大変よく使われます。
治療でも、予防の意味でも使われます。
ガン細胞を殺すけど、自分の免疫もダメージを受ける。
副作用が辛い。
発熱、吐き気、フラフラになり意識がもうろうの時もあります。
そして脱毛。
女性にとっては深刻な問題です。
多くの患者がウイッグ(カツラ)を使い、
付けまつ毛をして
眉毛を描いてのりきってます。

ここまでは、まだ情報があるのですが
爪の副作用は?
ほとんど知られていません。

どんな副作用があるのでしょう?
爪が黒く変色したり、デコボコの爪、爪自体がもろくなり欠けてくる、
剥離してしまう、炎症を起こす
などです。
全ての抗ガン剤で爪の副作用が出るわけではありません。
特に女性のガンに使われる抗ガン剤に症状が出やすいものがあります。

ではどうすればいいのでしょう?
ジェルで保護する?
ダメです!
治療中のジェルは避けてください。
身体から薬剤の成分が抜けたらにしましょう。

まずは予防なのです。
爪が作られる部分は爪の根元付近にある
マトリックスと呼ばれるところです。

そこに影響を受けないようにすること。
そしてネイルケアをまめにして栄養が行き渡るようにすること。
衛生的に保護していくこと。

大きく言うとこの三点です。
非常にざっくり言いましたが、
詳しい内容と説明は講習でやっております。

ネイル製品は有機溶剤を使ったものもたくさんありますが
治療中は、そういうものを避けてください。
安全に保湿して保護する。

ネイルは女性に癒しと喜びを与えてくれる。
私はそう思っています。
鏡を見なくても、自分を美しくしてくれるものが見える。
爪を見るたびに幸せな気持ちになるの。
そう言ってくれたお客様がたくさんいらっしゃいます。
この仕事して良かったと思える瞬間です。

それが見るたびにブルーな気分になるようだったら…..
治療中でも、そんなことが避けられるように
精一杯努力します。

長年のお客様が1年3ヶ月ぶりにジェルを再開しました。
ケアをしていたおかげで、爪に副作用はほとんどなく
のりきりました。
周りの人のジェルネイルを、とても羨ましく思っていたの
と告白してくれました。
本当に爪が綺麗になって嬉しい!とジェル復活を喜んでいました。
マスクでごまかしながら私も嬉し涙でした。

オススメのお手入れ用のグッズを用意してますので
お悩みの方はご相談ください。
治療が始まる前に予防が大事なんです。

自分でお手入れもできますよ。
その場合は2時間のセルフケアレッスンをお薦めします。

MAHO
http://true-colors.tokyo